のぼり旗の通販サイトを利用する

いろいろな仕様ののぼり旗

のぼり旗

色彩理論を考えてみよう

のぼり旗のデザインを考えるとき、色彩理論をチェックすることも忘れてはいけません。


人々に実際に見てもらったうえで、宣伝へとつなげられるのがのぼり旗の効果です。
しかし理論を無視したデザインにしてしまうと、のぼり旗の宣伝効果が低くなってしまいます。


まずは理論を把握したうえで、デザインに活かすための方法を考えていくようにしましょう。

 

では実際に理論を考えていく場合、どのような点に注目したらいいのでしょうか。
その際のポイントの1つとしてあげられるのが、見やすい色や見えにくい色を把握することです。

色の把握


背景と文字の色の組み合わせでも見えやすさは変わってきます。
単色ではなく複数の色の組み合わせも考えたうえで、どのようなデザインが適しているのか
決めることが大切です。

 

さらにシチュエーションに合わせたのぼり旗を考えることも必要です。


例えば旗を設置する場所や見てもらう時間帯によっても、見えやすい色には違いが出てきます。
そのため旗を設置する周囲の明るさなども考慮して、どのようなデザインなら
興味を持ってもらえるのか考えていきましょう。


実例を参考にしながら、どのようなものが適しているのか決めることも忘れてはいけません。

 

何を伝えたいか考えること


のぼり旗を作るうえで大切なのが、最初に伝えたいイメージを決めることです。
何を伝えたいのかはっきりとしていない段階では、デザインを決めるのが難しくなります。


宣伝したい内容を決めたうえで、どのようなのぼり旗を作っていくのが適しているのか
決めることが大切です。

のぼりを作るための知識

 

そして伝えたいイメージが固まったら、次に色で訴えるための手段を把握する必要があります。

例えばセールの情報を強調させて、補足の文字情報を入れたいと考えている方もいるでしょう。
そのような場合、セールの情報を強調させる色を使うのも1つの手です。


使う色の組み合わせによって訴えやすさが変わってくるのです。
色の組み合わせで伝わり方が変わってくるからこそ、
どのようなデザインがいいのか検討していくことが必要です。

 

1つ忘れてはいけないのが、伝えたい内容を絞っていくという点です。
1つののぼり旗で多くの情報を伝えようとする方もいますが、
文字の量が多いと人々に興味を持って読んでもらうのが難しくなります。


見出しとなる文章と補足程度にとどめて、シンプルなデザインにするのもポイントの1つです。
色と文字の両方からデザインを考えて、より良いものを作れるようにしましょう。